スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

DOGTOWN & ZーBOYS

    いや~昨日もう一回見直したら、やっぱハマリました、三回目。

     
     〝DOGTOWN & ZーBOYS〝 と〝LORDS OF DOGTOWN〟

    
    最初見た時の衝撃の感覚からは薄れていきますけど

    
    いつみても色んな視点や発見、できるしやっぱこういうカルチャーが

   
    常に影響を与えてるし好きなんだなーと思いました。


    
    二つともいいですし〝DOGTOWN..〝 はドキュメンタリーなので


    人間臭さがむき出しで、それがその人たちの通ってきた軌跡で


    真のリアルなSK8・サーフカルチャーの歴史が観れます。


    〝LORD..〟はこの映画に対しての俳優やスタッフの意気込みが

   
    本気でストイックに打ち込んでる姿勢がビシビシ伝わってくるのがヤバイです


    あまり云わずに兎に角、少なくとも

    
    ジェイ・アダムズ、トニー・アルヴァ、ステイシー・ペラルタ

    
    の名前に聞き覚えある人は観るべし!!



  DSCN0070.jpg


   
   VANS   左 ¥4980   右¥3280 (OLD Skool)   

  
lordsofdogtownposter[1]


  
   まぁまぁまぁまぁまぁ好きです。かな(笑)サントラなんで一部分だけの音使いたかったんやなー

   というのも二曲目のナザレスから判ります。なんせthe son of bitch言いまくってます(笑)

   名曲揃いでいいですが〝DOGTOWN...〝のサントラのが曲数も沢山入ってて

   フロイド、ツェッペリン、シン・リジィ...moreですな

   でもこのアルバムもオールマン・ブラザース・バンド、ジョー・ウォルシュ、ジミヘン、ボウイも

   被ってるアーティスト、曲もあるんでロック好きな方は勿論、

   ただの音楽好き、スポーツマン、スピード狂、色んな方、ぜひ聴いてください

   
    
     
    

    
    
スポンサーサイト
20:20 | 音ん楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。